様々な種類のあるプラセンタ、どれがいい?

プラセンタは動物の胎盤から抽出される成分です。
胎盤は母体の中で赤ちゃんを育てるのに必要不可欠になります。
養分を赤ちゃんに与えるだけでなく、まだ十分に臓器が発達していない赤ちゃんに代わって臓器の働きを助けてくれるのです。
糖質・タンパク質・脂質やビタミン、ミネラルなどを豊富に含み、美容や体に良いといわれています。

プラセンタは動物の胎盤からその成分を抽出するため、様々な動物の胎盤から抽出されます。
人のものはもちろん、馬や豚、ヒツジ、植物由来などの種類があります。
人のものは基本的に医療機関でしか使用されないため、人のものを摂取するには医療機関でプラセンタ注射をしてもらうしかありません。
人のものは非常に効果が高いのですが、その代わりにリスクも同じようにあるので注意が必要です。

プラセンタの違いは動物の飼育環境や食物などによって変わってきます。
馬のものは現在美容用として非常に注目を集めており、主にサプリメントで使われています。効果が現われるのも早く、安全性が高いのが特徴です。効果がしっかり現われる代わりに、価格は少し高めの設定です。
羊のものも同じように効果が出やすく、またアミノ酸が人間に浸透しやすいのも特徴です。
豚のものは大量飼育が可能のため比較的安価で手に入ります。ですが豚は効果や品質は他のプラセンタには劣ります。
そのため動物性ののものの中で効果がしっかりとみられ、よく使われるのは馬のものといえます。
植物由来のものは胎盤からの抽出ではないですが、プラセンタの一つとして数えられます。
ですが動物の胎盤に含まれる成長因子が植物由来のプラセンタには含まれていないため、効果が出にくいという欠点があります。
このように、プラセンタには色々な種類があり、現在は特に馬プラセンタのサプリメントや化粧品などがおすすめといえます。
栄養や品質がしっかりしており、安心して摂取できます。また、サラブレッド由来のプラセンタならなお安心といえるでしょう。