プラセンタ注射は危険?

プラセンタは美容成分として盛んにサプリメントや化粧品などに使われています。
プラセンタの摂取方法としてはサプリメントでとる方法、化粧品などを使って皮膚に塗る方法、そして注射による3種類があります。
その中でも注射は最もこれらの効果を発揮させる方法になります。
すぐに効果が得られるため、このプラセンタ注射を選ぶ人も多いと思いますが、その分プラセンタ注射には副作用もあるといわれています。
プラセンタ注射は、基本的に美容外科などの医療機関でのみ行われます。
そして、唯一人のプラセンタを使用することができるのが医療機関です。
この注射はすぐに効果が得られますが、その分リスクがあることも十分に理解して行うことが大切です。

この注射で用いることができるのは現在メルスモンとラエンネックというプラセンタ注射薬が認可されています。
この注射をすることで、まれに副作用が出る人がいます。
皮下注射や筋肉注射により、悪寒や発熱、発疹などの反応を起こしてしまう場合があります。
もしもこのような副作用が見られた時には、すぐに投与を中止し、経過を見るようにしましょう。
また、基本的にこの注射は皮下注射または筋肉注射のみが認められており、静脈注射は投与法として認可されていません。
静脈注射を行うと血圧低下やショック状態、呼吸困難などの症状が出る可能性があることがわかっているからです。
静脈注射と同じように危険な投与法としてカクテル注射というものがあります。
こちらも未認可の投与法のため、十分注意が必要です。
静脈注射とカクテル注射があまり良い方法ではないということを十分頭においておけば、危険を回避することができます。

このように、安全にプラセンタ注射を受けるためには、認可されているプラセンタ注射薬・投与法であるかどうかを医師からしっかりと確認することが大切です。
プラセンタ注射は危険な方法で投与しなければ、しっかりと効果が期待できるのです。